製法

新たな抽出法「減圧低温蒸留法」

従来の精油や芳香蒸留水は「水蒸気蒸留法」という、花や葉などの植物を蒸して、蒸気と一緒にできた水や香りを冷却して得られます。
当社の抽出方法は「減圧低温蒸留法」といい、水を一切使用せず、さらに低温(5℃~45℃)で植物自体が持つ水分や香り成分を抽出しています。
活きた精油と生体水が混合した香り高く有用な機能水(エッセンシャルウォーター)が得られます。また低温乾燥された植物体の粉末は、その植物が持つビタミンやミネラル、酵素を含み、色や香りもそのままに食品として余すことなく利用できます。